NativeCamp(ネイティブキャンプ) 口コミ

NativeCampでTOEICレッスン無料体験しました!

 

 

 

現在、TOEIC講師をしています。

 

NativeCamp(ネイティブキャンプ)で新形式に対応したTOEICレッスンが無料で受けられるとのことだったので、どんなレッスンをするのか気になり試しに体験してみました。

 

 

NativeCamp(ネイティブキャンプ)TOEICレッスンも受けられる無料体験プランはこちら

 

 

ホントにすぐにレッスン開始!実際にTOEICレッスンを受講した感想は?

 

会員画面から本当にすぐにレッスンを開始することができるので、「すごい便利だな」と思いました。

 

(予約をしててその時間にログインしてって少し面倒に感じることもありますからね)

 

 

 

実際にTOEICレッスンを受講した感想としては、

 

 

「少し単調(型が決まっている)けれど、毎日続ければ短期間で伸びを感じることもできるレッスンだな」

 

 

と思いました。

 

 

なぜなら、いわゆるリスニング力アップに効果があるリピーティングやロールプレイなどをマンツーマンで先生とできるからです。

 

 

ひとりだと良い練習方法だと分かっていても出来ない人は多いと思うので、マンツーマンレッスンで半強制的にやる環境をつくるのはいいなと感じましたね。

 

 

 

それでは、TOEICレッスン(新形式対応)受講の流れをレポートしてみます!

 

 

 

 

気になるTOEICレッスン受講の流れですが、まず「今すぐレッスン可能」「TOEICコース」にチェックを入れて「検索する」とクリックすると、今すぐレッスン可能の先生一覧が出てきます。

 

 

私がレッスンを体験したのは早朝の5時頃だったのですが、検索条件に合っている先生は5名いらっしゃいました。

 

 

 

Eri(エリー)先生を選んでみました!

 

 

 

 

5名の先生の中で、私はEri(エリー)先生のTOEICレッスンを受けることにしてみました。

 

 

 

なぜこの先生にしたかというと、単純にかわいらしいお顔だったから(笑)。

 

 

 

ま、NativeCampの無料体験レッスンは7日間24時間「レッスン受け放題」なので、あまり深く考えずに数をこなしてみようと思ったわけです。

 

 

 

体験レッスン回数に制限があると、はずれの先生に当たりたくないから、講師プロフィールをくまなく見たり講師の動画コメントをチェックしたりするのですが、その選んでいる時間が少なくすむのもレッスン無制限の良いポイントかもしれないですね。

 

 

 

あと決め手になったのは、Eri先生が今まで実施されたレッスン数が多い(2827レッスン)で、「コースバッチ」という各レッスンができる認定みたいなものをたくさん取られていたというのもポイント高かったですね。

 

 

 

すぐにレッスン開始は本当だった!

 

 

 

 

 

「レッスンを開始する」ボタンを押すと「講師が待機しています」というメッセージが出て、すぐに「先生の準備が整いました」となりました。

 

 

すごい!予約なしでも本当にすぐにレッスン開始できるんですね!

 

 

 

・・・その後、しばらく待つと(30秒くらいかな?)、Eri先生の登場です。

 

 

 

体験レッスン内容はこんな感じでした

 

1.あいさつ

 

"Hi, my name is Eri. How are you, today?
It's 4:30 here, what time is it over there?"

 

 

など、簡単な会話をしてからレッスン開始。

 

 

 

2.パート1対策

 

 

レッスンにはTOEIC新形式問題集を使うのですが、1回目のレッスンではパート1をやりました。

 

 

具体的なレッスンの流れとしては、

 

 

1.(先生)1問ずつ音声(問題)を流す
2.(私) 答える

 

3.(先生)正解チェック

 

4.(先生)音声を1文ずつ流し、リピートするように指示
5.(私)リピートする

 

6.(先生)語彙について何か質問があるか確認する
7.(私) 質問あれば聞く

 

8.(先生)最後に4文まとめて流す
9.(私) 聞く

 

 

という感じです。

 

 

 

簡潔にいうと「問題を1つずつ解いて、リピートする」というレッスンですね。

 

 

 

 

レッスンが始まってすぐは、「リピーティングはリスニング力アップに効果的だけど、こんな単調なレッスンなんだねぇ」と思いました。

 

 

 

 

ですが、レッスンが進むうちに、自分ひとりではここまで丁寧にリピーティングをしたことがなかったので、TOEIC講師の私でも「結構、勉強になるな」と思いはじめました。

 

 

 

もちろん、はっきり言って、自分一人でやろうと思えばできる内容(問題解いて、音声聞いて、リピートする)です。でも、自主学習って始めるまでがなかなか腰が重かったりするんですよね。

 

 

 

その点はマンツーマンレッスンを取ることでカバーできるのがいいなと思いました。

 

 

 

実際、私のTOEICクラスの受講生さんも「やろうと思うんですけど、なかなかテキストを開くまでが大変」とよくおっしゃっていますし。

 

 

 

やはり、相手(先生)がいるとやれるというのはあるでしょう。

 

 

 

ここは残念!NativeCampのTOEICレッスン

 

 

 

 

ちょっと残念だったのは、私にはPart1の前半ははっきり言って簡単すぎたので、やはり5問以降から9,10問目あたりを丁寧にやれたら良かったなぁという感じです。(TOEIC講師してますから、当たり前ですけど)

 

 

 

ちなみに、初回レッスンでは5問目までやって時間になりました。(すらすら進んでこれくらいだったので、初級者の場合は2,3問で終わってしまうかもしれないですね。)

 

 

 

ですが、このレッスン方法(問題解く、音声聞く、リピーティングする、単語確認する)という流れはかなりおすすめのリスニング勉強法ですので、じっくりやれるのは良い練習になるはずです。

 

 

 

私も実際、TOEIC対策のクラスでリスニングの自主学習法として「リピーティング」は紹介していますし、それでスコアが伸びた受講者さんは何人もいます。

 

 

 

 

おそらく、リピーティングを毎日がっつり続ければ1,2週間でも「あれ?前より英語が聞こえるようになったかも?」と感じるはずです。

 

 

 

したがって、NativeCampでは無制限でレッスンを受けられるので、毎日このトレーニングを先生と一緒に続けれられば、かなり短期間でもリスニング力はアップすると思いました。

 

 

 

NativeCamp(ネイティブキャンプ)のTOEICレッスンをおすすめしない人、する人

 

今回、NativeCamp(ネイティブキャンプ)のTOEICレッスンを受けてみて感じた「おすすめしない人、する人」です。

 

 

 おすすめする人

 

 

・TOEICの勉強をなかなか 一人では進められない人
・リピーティングを試してみたい人
・TOEIC公式問題集(新形式対応編)を買っただけになってる人

 

 

 おすすめしない人

 

 

・一人でしっかりTOEIC勉強ができる人
・リピーティングのやり方を知っていて、普段から自分でやっている人
・TOEICのリーディング対策をしたい人(現在のレッスンはPart1,2だけに対応)

 

 

TOEIC公式問題集(新形式対応)をしっかりフル活用すればスコアアップも可能なので、ひとりでできない人にはNativeCamp(ネイティブキャンプ)のTOEICレッスンを活用するのはアリだと思います。

 

 

 

まとめ

 

 

 

 

 

とりあえず、7日間だけレッスンを毎日(できれば1日複数回)やれれば、かなりTOEICテストのリスニング対策になるだろうなぁという感想です。

 

 

現役TOEIC講師の目からみても、レッスン内容はしっかりしていました。

 

 

担当講師もしっかりトレーニングされていると思います。なぜなら、何名か違う先生のTOEICレッスンを受けましたが、同じ流れでしたので。言い換えればレッスンの質は一定だといえますね。

 

 

 

やらなきゃいけないと思いつつ、TOEICの勉強が進んでいないのであれば、今から1週間を「TOEIC週間」にしてしまい、NativeCamp(ネイティブキャンプ)の無料レッスンを使って一気にリスニング力アップするのもありですね。

 

 

退会は「会員ページ」からすぐにできますし、電話をしなければないような不親切な(ずるい?)会社とは違うので、そこも安心できます。

 

 

 

 

 

もしあなたがリスニングパートのスコアUpを狙ってみたいと本気で思うのなら、まずは7日間だけでも試す価値ありだと思います。

 

 

NativeCamp(ネイティブキャンプ)の7日間無料TOEICレッスン受け放題はこちら

 

 

ご参考までに^^

 

 

(もし続けない場合は、退会手続きをお忘れなく〜)


ホーム RSS購読